プロフィール

昭和54年(1979年)12月6日生まれ。かごしま育ち(幼少時代(幼稚園)~高校卒業まで、かごしまで育ちました)。


学 歴

加世田聖母幼稚園卒園、加世田市立加世田小学校入学、鹿児島市立桜丘東小学校卒業、
私立鹿児島中学校卒業、鹿児島県立鶴丸高校卒業、東京大学法学部卒業。

  • 2歳。姉と。3人兄弟の末っ子として生まれ、可愛がってもらいました。
  • 一浪の末 大学入学。大学では主に法律・政治学を学びました。
  • 大学の手話サークルの一幕。ろうの友人もたくさんでき、世界が広がりました。

職 歴

・平成17年4月~平成26年11月
奈良県財政課、総務省消防庁、総務省自治行政局、広島市財政課長、
内閣官房(安全保障・危機管理担当)参事官補佐、総務省大臣官房秘書課課長補佐

・平成26年12月~
衆議院議員

  • 総務省入省後、プライベートでも地域活性化に取り組みました。若手社会人・学生と共に(さつま・すんくじらプロジェクト)。
  • 広島では消防団に入団し、2年連続で操法大会にも出場しました(2番員)。
  • 鶴丸高校サッカー部出身。今もフットサルで汗を流しています。

「何としても、ふるさと鹿児島のために働きたい。」この思いで、総務省で培った10年の経験を元に、若さと情熱で頑張ってまいります。


現在の役職

衆議院
農林水産委員会委員、法務委員会委員、原子力問題調査特別委員会委員

自民党
農林・食料戦略調査会中山間地農業を元気にする委員会事務局次長、商工・中小企業関係団体委員会副委員長、
行政改革推進本部本部長補佐、水産部会海外漁業協力検討ワーキングチーム幹事、
農林部会畜産・酪農対策小委員会事務局次長、青年局次長、国会対策委員会委員、
鹿児島県第三選挙区支部長

法務省
検察官適格審査会予備委員

国土交通省
国土審議会離島振興対策分科会委員



ご挨拶

新たな挑戦、総務省を辞して2週間足らずで衆議院選挙の告示という、大変短い準備期間にもかかわらず、たくさんの皆様にお支えを頂き、12日間の選挙戦を戦い抜くことができました。心から感謝しています。小選挙区(鹿児島3区)での勝利という所期の目的を達成できませんでしたが、皆様の真心からのご支援・ご協力により、比例復活による初当選を果たすことができました。

皆様から頂きました熱い思いを深く胸に刻み、選挙戦を通じて訴えてきました「日本経済の再生、少子高齢化・人口減少対策、地域コミュニティの再生」などの政策課題に誠心誠意取り組み、「鹿児島の創生、元気な日本づくり」に邁進してまいります。

改めて、引き続き皆様のご指導・ご協力をお願い致します。

宮路 拓馬 



かごしま世代。若き即戦力!

左の画像をクリックすると、PDFファイルを表示することができます。
ページの先頭へ戻る